日本のアセンション・シーン 2019年の総括

この時期に「総括」というのは、ちょっと早い気がしますが、

9月には、翌年のヴィジョン・エネルギーが、私の活動と生活に訪れますので、

今の時期の「総括」というのは通常運転になっています。

 

9月にマウント・シャスタでイニシアティック・ジャーニーⓇを行ってきました。

マウント・シャスタ滞在中に、ふと思い返したことがあります。

 

マウント・シャスタへの出発が近い頃、ある方の話を聞いていて、これまでの20年間で、

幾度となく、私の中に湧き上がってきたことを思い出していました。

 

アセンデッド・マスターからの「目覚めへのウェイクアップ・コール」は、

これまでたくさん送られてきましたが、昨年か、一昨年、

「私たちの方から、これらのウェイクアップ・コールをすることは、もうない」と

アセンデッド・マスターから伝えられたことがあります。

これからは、人間社会の中で、お互いが目覚めをサポートし、波動を上げた人々に向けて、

私たち(アセンデッド・マスター)がサポートしていく、といった内容でした。

 

なるほど、と思ったことを思い出していました。

 

これからの短期間が、ある意味「最終コール」

飛行機搭乗の最終呼び出しだ、ということは、今までも何回か受け取ったことがあります。

何回もあった、ということは、その期限を過ぎても、見棄てられることはない、ということではありましたが、

今回の「ファイナルコール」は、今までと意味が違うのじゃないのか、と感じています。

 

今まで(2009年〜2018年という感じでしょうか)は、一人ひとりのプロセスの選択と

自由意思を尊重してきましたので、感じ取ってはいても、尋ねられないかぎりは、

あまり介入することはしないで来ました。

ブログに書くこともなく、ともにワークをする人々やセミナーに参加した人々にのみ、

これらの情報を共有してきました。

それでも、何回かは、そのポイントについてブログで書いたこともありました。

2、3回くらいでしょうか。

 

今回の期限は、来年2020年。

これを境に、地球のアセンション・シーンは、大きく変わるでしょう。

準備をしてきた人々にとっては、すでに始まっていることが、

地球規模で、すべてのレベルで起こって行く、ということでもあります。

 

私自身は、今個人的にアセンデッド・マスターとワークしています。

彼らは、まず自分のプロセスを進めるように、と私を導いていますので、

これらの内容を、私の活動に反映させるのは、もう少し先になるかもしれません。

(来年、2020年?)

 

この期限まで、個としての「魂の計画」をしっかりと把握して、

そのプロセスの進捗状況を確認して、修正した方がいい部分を、この期限までに修正する、

そして、アセンションしたいのであれば、または最高の人生を送りたいのであれば、

自分の最高のパフォーマンスが発揮できる状況を作っておくことが勧められています。

これは、スピリチュアルなことに興味がない人々も含め、それぞれの世界で、

同様のことが計画されています。

 

そしてこれは地球レベルで起きています。

地球のどこであっても、この変革の流れから逃れたり、隠れたりすることはできません。

 

あくまでも「自己の真実」のレベルから、すべてに取り組むこと、

これがすべてということのようです。

 

来年がどんな年になるか、楽しみですね。

 

今、スピリチュアルなワークをしている人々、アセンションへの準備をしている人々、

今の状況が、うまくいっている、順調だ、と感じるなら、

どんどんその先へ進んでください。

 

しかし、今の状況に少しでも不安や疑問があるのなら、

思いきって、別の情報、方法、ルートを調べてみてください。

そこに飛び込むことに、大きなリスクがないのであれば、

思いきって飛び込んでみてはどうでしょうか。

 

うまく機能していない、今までの世界にとどまらなければならない理由はありません。

順調に進む道のりに、そして、最高のパフォーマンスが期待できる方法に、

ぜひシフトしましょう。

あなたの大切な人生、プロセスなのですから。